読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレート・ネイチャーを見に行きました

いやあ初グローブ座でした。ていうかグローブ座ちっちゃ!こんなところで天下のジャニーズ様がお芝居なさるんだ。。。と思ってしまうほどちっちゃ!
でも、ジャニーズって大きいこともできるけど、小さいことも面白がって大切にやる集団だったと思い出した。やっぱジャニーズすきや。
すごく素敵な劇場だった。ここで見られてよかった。

Aさん何回もいうけどありがとう。


で、グレート・ネイチャーですけど。
わたし、行く前に一通りネタバレを見てまして。
だけどネタバレではどんな芝居なのか全くわからなかったんですよ。

なにやらアドリブ満載で?爆笑に次ぐ爆笑で?お話の内容は哲学的で難しくてよくわからなかったと。

小山さんのインタビューでは、役作りをしなくていいと言われて、瞬発力と集中力を要求されるとか。。。篠崎の格好よさに僕なりの格好よさも追加したい(とかいってたんすよあいつ)とか。。。
一日目のカテコで、ご覧のとおり、できている部分とそうでない部分があります。。とか。。?

まあ想像するに、エチュードっぽいコメディなのかなと。
あー、なるほど。小劇場のりの。うーん駄作の予感とか実は思っていたんですけど、日に日にネタバレが混沌としてきてもしかしたら面白いのかもなーとも思っていました。
そんなこと思っていたんですけど。


グレート・ネイチャー。

面白かった。笑えた。小山が素敵だった。小山の仕事ぶりがかいまみえてますます好きになった。こういう大人の舞台に参加できるんだーっていうことがうれしかった。カンパニーの座長で堂々たる仕事ぶりだけど、伸び代を感じさせる若さがまぶしいw

とゆー感じ。主に感想は小山にかかるものなんだけど。
一言でいうと、小山凄いなあ、っていう。

グレート・ネイチャー自体は、なんかねえ。。現代アートみたいな作品で。
お話の筋とかドラマはないんです。ほとんど。
コントみたいな。。。というより、アメトークみたいなバラエティ番組みたいな感じで話は進みます。
大まかな進行方向は決まっていて、お互いの設定が決まっていて。
それぞれの得意技ややりたいこともお互いがわかっている中でのフリー演技。
あれっぽいなと思ったな、USJの綾小路麗華。ターミネーターのアトラクション前にお客さんをいじり倒す女の人ですけど、あの人もやること決まっていて、お客さんもわかっているなかで行われるやりとり。ああいう感じ、想像してもらえれば。
お客さんをいじるところは一ヶ所のみで、あとは役者同士で延々それをやるの。
毎日の公演で面白いことや発見があればそれはどんどん「得意技」として取り込まれていって。それぞれが機をみて反応した結果をみている感じね。

そういえば小山、「今は稽古で探している段階」っていってたもんなあ。
こういうことかあ、と腑に落ちました。

こういうことなら小山は得意だと思うけれど、それでも相手の役者さんたちが非常に達者で、(この人たちが担保されているからこんな舞台が成立するんだと思う)全く不安なく面白くみることができたのだけど、小山はこの二人の反応に反応で返さなきゃいけなくて、それはすっごい大変でレベルの高い表現の仕方だと思った。
にうす現場でみている人ならわかると思うけど、小山はエクスキューズにたいする反応と処理能力がすごいんですが

※こないだのMステで、タモさんからふられた内容を見失った時も、前に出ていたのは横ヒナと小山だけだった。ヒナにとられたけどね。そういうがっつきがたりないところも好きよ。

もともと鋭敏なタイプで得意技もいっぱい持っている人だけれど、この舞台でますます磨かれただろうなと思う。
今回小山の役は「役」というよりは「設定」で、「問題児が集まる自然が持ち味の学校に問題を起こして赴任してきた熱血体育教師篠崎」というのがその設定だった。
その設定を与えられて、「はい。やってみて」からはじめたんですって笑。
だから篠崎は小山の反応と得意技から成り立ったキャラクターなのです。


だから、ずーっと舞台の上で生き生きと動く「小山慶一郎」をみているって感じだった。
この舞台とえぶりでノープライベートで超ハードな毎日を送っている小山。
だけど小山から発される熱と魅力は全く手加減されていなくて、わたしは夜公演を見たから今日これを演じるのは2回目な訳で、そんなもんどんだけハードだろうが2回目だろうが出来が悪いとかはありえないだろと頭のなかではわかっているけど、でもこの仕事を完遂することはとてつもないことだというのはわかるわけで。こんな小山だから、わたしは見られないけど絶対えぶりのほうも手を抜いていないだろうなと想像できて。
今回のインタビューではどこでもかしこでも「生と生の両立という壁を乗り越える」っていう話をしていて、本当にどこでもしてるから、テキストを読み漁ったわたしとしては「またこのはなしか」とか思っていたんだけど(マジごめん小山)そして同時に「自信がある」という話もしていて。えぶりで培ったものが、自分にどう根差し、実になっているのかを楽しみにしている的な(ニュアンスです)。
そして、自分で話したその二つの課題が、舞台の上で、どーんと披露されていたわけです。
舞台の小山はかわいかったし美しかったし素敵だったけど、大分堪能してもえたけど、それ以上にこの部分がかっこよすぎて、ああ、もうかっけーとしか言えない。。

おもえば小山ってそういう人で、好きになるまえからそういうところに惹かれてた。
それって3年くらいまえのことなんだけど、そこから全然止まらない小山がかっこいい(何回言うんだ)と思うし、尊敬します。

舞台の内容全然ないわw小山かっけーとしか言ってないw